S-HAUS
クライアントとお会いしたのは竣工から遡ること3年も前のこと。
FORUMの手によるベーカリーカフェ「YEAST PARADISE+」を気に入っていただき、
「こんな雰囲気の家を作りたい!」と思われたそうです。

「カフェの雰囲気を取り入れた住宅」
正に我々の得意とするところです!
敷地の南に大きく開けた眺望にイメージが膨らみ、「是非とも」とお受けしました。

ところが、よくよくうかがったところ、
敷地は奥様のご両親の所有で約110坪あるうちの40坪を売却する必要があり、
また建築資金に関する事など、建築分野以外のご相談もいただきました。
そして、何よりも難しかったのが「カフェのようなイメージでありながらご両親との二世帯住宅でもある」
という点でした。

そこで組み上げたチームには建築家・デザイナーだけでなく、不動産業者や銀行も加わり、
様々な問題をひとつひとつ解決していって、結局3年という長いプロジェクトになりました。

 マウスポインタを画像の上に置くと解説が表示*されます。 クリックすると拡大します。
外観。 撮影時は素晴らしい晴天に恵まれました。 1Fリビングより。 遮るもののない高台からの眺望です。 1Fリビングからキッチン。 ホワイトやダークブラウンを基調にアクセントカラーをプラス。
1Fリビングとテラス。 まるでインテリアショップのカタログ写真のようです!。 レストルーム。 明るく爽やかなこだわり空間です。 子供部屋。 お子さん達が大きくなったら真ん中に壁を立てて仕切ることもできます。
階段室。 写真には写っていませんが、踊り場にも収納スペースがあります。 2Fリビング。 近所の子供達を集めて珠算教室に早変わり。 テーブルがズンと    伸びたり、ダイナミックにアレンジ可能(拡大画像ではテーブルエクステンションが出ています) 浴室。 お風呂からもこの眺望が楽しめるなんて素敵ですよね!
主寝室。 コンクリート打ち放しながらなぜか暖かな印象を感じる。 ベッドの向こうにハーレーがチラリ・・・S-HAUSの真骨頂です。 夕景。 残照に映えて美しい。 個人宅としては珍しく外壁をウォッシャライト    でライトアップして、強烈な印象を残す。 夕景眺望。 この日は夕日も素晴らしく綺麗でした。
皆が力を合わせて創りあげたS-HAUS*は、機能的でスタイリッシュな素晴らしい家になったと思います。
クライアントからも「大満足!」と言っていただき、3年間の苦労した気持ちも吹き飛びました。

*ブラウザの設定によっては表示されない場合があります。
*"HAUS"はドイツ語で「家」HOUSEを意味します。